多くのご家庭で太陽光発電が導入されており、これまでの節電対策以上の効果を期待することが出来ています。
固定価格買取制度が始まり、早く設置をすればするほど太陽光発電がお得になるのです。 太陽光発電販売店には、必ず正確な納期と見積りをもらうことが大切です。
見積もりを提出してもらった時の価格と実費は大きくかけ離れていることもあるようです。
あまりにも太陽光発電が人気となっている現在、契約を急がせるような悪質なセールス業者も多くあります。
さらに契約書に関しましてもメーカーや機器の型番などといった詳細が書かれていなく、いい加減な書類も出回っているのでお気をつけ下さい。

 

太陽光発電を設置した後に請求額が見積額よりもかなり大きくなってしまったというトラブルがあります。
全く現地調査をしないで「問題ありません」などと言ってくる太陽光発電の設置業者はとても信用することは出来ません。



業者に提出をまずはしてもらう太陽光発電の価格見積りブログ:20181120

我が家には、ネコが1匹居ます。

むすこが小学2年生のときにやってきました。
むすこは、この4月に中学2年になりますので、
我が家へ来てから、もう6年がたとうとしてます。

このネコ、名前は「あ〜ちゃん」。
貰い受けたときから「あ〜ちゃん」でした。

元飼い主さんにお伺いしますと、
鳴き声が「あ〜あ〜」って聞こえるので…
とのことでしたが、本当にあ〜あ〜鳴きます。

「あ〜ちゃん!!」って呼ぶと返事をします。
とっても甘えん坊さんです。

ぼくがパソコンの前に居ると
必ず、ひざに乗ってきて、
ひざの上でグルグル回ってくれます。

仕事から帰ってくると、必ず、玄関先で待っててくれます。
ぼくが行くところ、どこでもついてくる…甘えん坊ネコです。

深夜、家中の電気が消えると鳴きませんが、
7時、ぼくの目覚ましが鳴ると
部屋をあけろ!と、あ〜あ〜鳴きます。

食材なども取ったり、粗相をしたことの無い、
とっても賢いネコです。

さてさて、
あ〜ちゃんが、我が家に来たときの経緯なのですが…

ぼくは、
むすめが小4、むすこが小1のときに離婚をしました。
フルタイムで働いて、バタバタと忙しい生活が始まりました。

当時、保育施設で働いていたのですが、
小学校に入りたてのむすこを家へ残して、
19時に会議だとか、残業だとかをこなさないと
いけないことが多くありました。

19時も、ご飯の用意はしてますが、
むすめにお願いして
2人でご飯を食べておいてもらうこともよくありました。

当時のぼくは、
娘たちと一緒に居てあげたいのに、居てあげることが出来ない…
ごめんなさいばかりを胸の中に押し込めていました。

そんなときに、
少しでも寂しい想いをしなくて済むように…
と考えて、ネコを飼うことを決めたのです。