先の東日本大震災後に全国のほとんどの原発が停止し今まさに全国民に節電を余儀なくされています。
そんな電気不足となっている現在、やはり最も頼りになるのが太陽光発電なのです。 日本で人気のパナソニックの太陽光発電は、電荷の消失を減らす技術に成功をしています。
ピラミッドのように表面を形成することによって効率良く発電させていくことが可能なのです。
パナソニックから発売されている太陽光発電が大きな発電量を誇っているその最大の秘密は、独自のハイブリッド構造なのです。
太陽光発電というのは電子を活発にさせることで電流を発生させているのですが、パナソニックの太陽光発電は従来とは違っているのです。

 

やはり太陽光発電は発電量が高いほど効率が良いと言え、パナソニックがまさにトップクラスの発電量を誇っているメーカーなのです。
日本国内でもトップクラスのメーカーであり、特に初めて太陽光発電を導入される方に人気があります。



太陽光発電で人気メーカーはパナソニックブログ:20190615

Goodevening♪

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装した息子たちが
「Trick or treat?(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のお菓子メーカーが放っておくわけもありませんでした。

板チョコやクッキーのように
限定したお菓子ではなく、
お菓子という括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

チーズケーキはもちろんのこと、
お煎餅や和菓子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りやトレーニング会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

息子たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
カナダではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もお菓子もその言葉だけで
息子たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

今日は、ここまで。