政府が推進をしている太陽光発電は、その需要が広まってきたことにより、徐々に設置費用も安くなってきました。
今では雲の上の存在というワケでもなく、ある程度まとまったお金があれば一般家庭でも気軽に導入出来るのです。 最初に設置費用としてお金を多額必要ですが、それでも上手に利用することで10年程度で回収をすることが出来るケースがあります。
そのような太陽光発電を導入することで、天災などが発生した時における非常用電源として有効的なのです。
太陽光発電は太陽が当たる場所では基本どこでも設置することが出来ますが、遊林地もその一つとなります。
自然破壊をすることの無い太陽光発電ですので、遊林地に設置をすることに適応しているのです。

 

自然災害で万が一停電をしてしまっても、遊林地などに太陽光発電を設置済みの場合には、大切なライフラインの確保が可能となります。
危機的な状況の中で電気だけでも使用出来るようにしておくことで、きっと便利になることでしょう。



太陽光発電を遊林地への設置に全国の自治体が積極的ブログ:20190305

わたしがピアノを始めたきっかけは、
声楽をやっていたママの
「娘に音楽の勉強をさせたい」という思いからでした。

やはり音楽の道は厳しいもので、
幼い頃は友達となかなか遊ぶことができず、
寂しい思いもしました。

そのうちピアノの手を休めることができる
「食べる」時間が唯一の楽しみになっていったのです。

あの頃は「食べては弾いて」の繰り返し。
練習の辛さから、わざと食事を長引かせたりしたこともあります。

わたしにとって食べることは
弾くこととは逆の「癒しの時間」だったんです。

そんなわたしのために、
ママは時々、家の中でちょっと変わったイベントをしてくれました。

それは「おうちバイキング」と「ピクニックライス」。

どちらも
ピアノの練習の辛さなど忘れ、夢中になれる、
わたしにとって素敵なイベントでした。

おうちバイキングとは、その名の通り、
家のあらゆる部屋においしそうな料理と巻紙が置いてあり、
巻紙には次の部屋のヒントが書かれているというもの。
最後に玄関までたどり着くと、
手作りスイーツが置いてあって締めになります。

ピクニックライスもまたワクワクするイベントです。
普段はインスタント塩ラーメンやカップ焼きそばを
食べさせることをしないママでしたが、
時々どんなジャンキーなものでも食べて良いという日をつくってくれたのです。

その日は普段の食卓ではなく、
ストーブ横のじゅうたんにインスタント食品を広げて、
ママもそこで一緒に食べるというものでした。

ママなりにわたしに音楽以外でも楽しみを与えるために、
一生懸命工夫してくれて、自分も楽しんでいたのだと感じます。